既卒者就活する流れ

既卒者の就活する5つの流れ

 就活中の既卒者の皆さん、就職活動続けてますか? 就活には根気が必要。途中で放り出すとそこからズルズルと転落への道に転がることだってある。だから大変でも今が踏ん張り時ですよ! これまで既卒でも無事就職にこぎ着けた先輩たちだっていたんだから、アキラメちゃ絶対ダメです。この苦しさをバネに、既卒を武器に変えるくらいの気持ちで就活を頑張りましょう! まずは初心に戻って就活の流れを再チェックしてみましょう。見落としているところはありませんか?

 

 

1.自分自身を考える

 

 まずは自分自身について考えましょう。自分はどんな性格の人間か。何をしている時が一番集中できるか。どんな仕事がしたいのか。その仕事を希望するのはどうしてか。希望外ならばどんな仕事がやれそうか。妥協できるのはどこまでか。じっくり考えてみましょう。新卒時とは違った発見があるかもしれませんよ。就活で一番大切なのは己を知ることです。

 

<関連記事>

 

既卒者の就活する5つの流れ

 

 

2.就職情報を収集する

 

 求人情報は多くあればあるほど選択幅が広がります。大学が既卒者支援もしているなら顔を出しましょう。ハローワークも同様です。意外と見落としがちなのが、「リクナビNEXT」や「リクルートエージェント」などの社会人専用の転職情報です。未経験者OKの求人が多い割りに新卒者が登録していないので穴場となっています。新卒・既卒・中途の枠を超えてアンテナを立てておきましょう。

 

<関連記事>

 

既卒者の就活する5つの流れ

 

 

3.会社探しとエントリー

 

 興味のある求人があれば、どしどしエントリーしましょう。既卒者でも応募できるかどう分からない場合は、遠慮せず採用担当者に問い合わせてください。駄目だったとしても気にしない。次をあたれば良いのです。案外問い合わせをする人は少ないので、担当者の記憶に残って面接に有利になることも。もちろん問い合わせの時は印象良く対応しましょう!

 

<関連記事>

 

既卒者の就活する5つの流れ

 

 

4.面接に挑む

 

 面接までこぎ着けたら後はあなた次第。面接では確実に既卒になった経緯や心境を聞かれます。チクリと嫌味を言われることだってあるでしょうが、あなたがどう対応するかを面接官は見ています。怒ったり落ち込んだりしては負けですよ!もしも新卒時に就活が失敗したのなら、そこから反省したことや学んだことを上手くアピールするしかありません。そこが一番の見せ場となるのですから。

 

<関連記事>

 

既卒者の就活する5つの流れ

 

 

5.入社準備をしよう

 

 内定が決まったら、さっそく入社準備を開始しましょう。入社後はかなり忙しくなりますから、やるべきことをやっておくと良いですよ。まずはお世話になった方への報告はお忘れなく。社会人としての第一歩です。そして業務に必要そうな勉強を始めておいてもいいでしょう。意外と「秘書検定」の勉強は多くの仕事に生かされますよ。そのほか入社までに時間があれば歯医者に行ったり、長期旅行に行ったりするのも良いモンですね! 何はともあれリフレッシュすることが一番の入社準備と言えますよ!

 

<関連記事>

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト