面接官に確認しておきたいことは、その企業の本質を探るような事柄

面接官に確認しておきたいことは、その企業の本質を探るような事柄

採用担当者のキャリアについて質問

 

 「何か聞きたいことがあれば質問してください」などと、面接の最後に聞かれたら、これは非常に大きなチャンス。聞きたいことは山ほどあると思いますが、企業の本質を探るような事柄を質問することを意識した方がいいかもしれません。それによって確認できるのは、まさに企業の本質であり、自分の志望度。どんな企業かを徹底して暴いてみましょう。

 

 採用担当者が面接官を兼ねている企業が多いですが、そこで、そうした人たちのキャリアについて尋ねてみてはどうでしょうか。勤続年数、どういった経緯でこの会社に入ったのか、どういった仕事をしてきたのか、そして働き続けてきた感想などなど。

 

 一個人のキャリアを知ることでも会社の体質や本質がわかるものです。充実度や満足度、働き甲斐などを読み取り、「なるほど、こんな感じの会社なのか」と確認しておきましょう。

 

能力開発や研修、啓発活動について

 

 従業員の能力を開発するための取り組み、研修制度、あるいは啓発活動などについても確認しておくといいと思います。就職未経験者なら尚更です。

 

 これには会社ごとの個性が出てくるはず。従業員にそもそもそういったことはしていないという会社もあるでしょうし、“育てる”という意識を強く持っていたり、会社に馴染んだり理念を植え込んだりするためにあらゆる取り組みや活動をしている会社もあるはずですから、それに自分が魅力を感じるかどうかを確認する意味でも尋ねておきたいこととなるでしょう。

 

 社員の意向や自主性に任せる会社か、組織というものを非常に大事にする会社か、こうしたことも探れるかもしれません。

 

プライベートをどう考えているか

 

 これは質問の仕方が難しいかもしれませんが、社員のプライベートに関してどう考えているかも、面白い質問となりそうです。

 

 プライベートに干渉してくる企業は多くないと思います。しかし、例えば社員旅行や飲み会・食事会、その他レクリエーションが多く用意されているのか、それとも会社から一歩外に出ればもう全くと言っていいほど繋がりや関わりがなくても構わないというスタンスなのか、ここも会社の個性や考え方が出てくるところ。それを知ることで、やはり自分との相性が確認できるでしょう。

 

 面接時に確認しておきたいことは、結局は、自分がどう思うか・感じるかを確認すること。これを確認しなければ入社すべき会社かどうかもわからないのです。

 

 

<関連記事>


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト