面接時の服装は、リクルートスーツが原則

面接時の服装は、リクルートスーツが原則

清潔感のある服装で面接の臨む

 

 人間は第一印象で、相手の好悪を判断してしまいがちです。既卒者が面接に臨むのであれば、リクルートスーツが原則です。

 

 本来はクリーニングしたてのスーツが望ましいですが、就職試験のたびにというのは難しいと思うので、しわがよっていないか、汚れがないかを、しっかり確認するのはもちろん、ボタンや袖口にも気を配りましょう。

 

服装は前日に必ずチェックしよう

 

 面接時の服装で前日にチェックしなければならないのは、スーツだけではありません。

 

 Yシャツやブラウスにしっかりアイロンがかかっているか、ネクタイは派手すぎないか、時計やカバンがビジネスの場にふさわしいものかどうかも、大事なチェックポイントです。

 

 靴下やストッキングの色も、面接官は見ています。髪型も、前髪や目にかかっていたり、ロングヘアーをまとめずにたらしていると、だらしない印象を与えます。

 

 爪がキレイに切り揃えられているかどうか、汚れていないかどうかも、必ずチェックしてください。

 

 就活サイトなどで、面接時に望ましい服装が紹介されていますから、自分がそれからはずれていないか、セルフチェックしてみましょう。

 

 

<関連記事>

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト