既卒者は志望動機をどう書くか

既卒者は志望動機をどう書くか

志望動機に書くべきこと

 

 履歴書の志望動機欄に書くべきことは、明確です。それは、ほかの会社ではなく、応募企業にどうして入社したいと思ったのかを、説得力を持って書くことです。

 

 そのためには、しっかりと企業研究を行い、自分の長所や仕事への志向性がマッチする部分を探すことが大事です。

 

 応募企業が業界内でどんなポジションにいるのか、ライバル企業がどこで、シェアがどうなっているのかなどを調べ、そこでどんな仕事をしたいのかを書くのも、よいでしょう。

 

 いずれにせよ、説得力のある志望動機を書くためにも、徹底した企業研究を行っておきましょう。

 

 

将来への意欲もアピールする

 

 既卒で就職活動を行う背景には、何か理由があったはずです。ですが、企業の採用担当者によっては、新卒で就職できなかったひとという、ネガティブな先入観を持っている可能性もあります。

 

 書類選考を通過して、面接まで進むのが最短の目標なのですから、ポジティブな姿勢を見せて、「会ってみたい」と思わせるのも、テクニックの一つです。

 

 自分のこれまでの経験を応募企業でどう活かせると考えているのか、仕事をするためにどんなスキルを身に付けていきたいかなど、入社後をイメージした意欲を書いてみるのもよいかもしれません

 

 

<関連記事>

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト