ハローワークに足を運んでみよう!

ハローワークに足を運んでみよう!

若者の正規雇用をサポート

 

 正規と非正規の落差についてマスコミ等が取り上げる機会が増えましたが、若い人たちにはまだピンとこない人も多いようです。若いから非正規(派遣やアルバイト)ならすぐに雇ってくれるので、とりあえず現金収入には困らないという男女も多いのでしょう。

 

 しかし20代、30代を非正規労働者として過ごしてしまうと、中高年になってからも非正規を続けなければいけないというケースが増加しています。ですから若いうちから正規雇用とかきちんとしたキャリアを積み上げていくことが大事なのです。そういう悩みを持つ当事者のために「わかものハローワーク」があります。

 

 わかものハローワークは、わかもの支援コーナー、わかもの支援窓口などとも呼ばれ、厚生労働省がハローワーク内に、主に45歳未満の正規雇用を目指す若年者の支援を行うことを目的に設置しました。

 

 既卒や第二新卒、ニート、フリーターなど、さまざまな立場の若者の就職相談にのり、専任の担当者が支援プランを作成したうえで、求人探しから応募資料の添削、面接練習まで、きめ細かくサポートしてくれます。たった一人でゼロから就職活動を行うことに比べればモチベーションが維持しやすいと好評のようです。

 

 自分の適職がわからなかったり、働くことへの不安が消えないなど、個別の相談を受け付けてくれて、二人三脚で就職活動を行うことができます。就職した後も、ハローワークが紹介してくれた求人であれば困ったことがあれば相談に乗ってくれることも多いです。

 

 

わかものハローワークの魅力

 

 わかものハローワークでは、就職活動に役立つ各種セミナーや講習会を行っており、事前予約が必要なこともありますが、無料で活用することができます。

 

 わかものハローワークでなくても、労働局では年間を通じて各種無料職業訓練を行っており、出席は厳しいもののきちんと頑張れば、手に職がつく、資格がとれるという充実した内容になっています。

 

 また、就職活動が実って入社した後も、若者の使い捨てが起こらないよう、就職後支援にも力を注いでいます。“ブラック企業かも…怪しい”と思える会社があれば、気軽に相談をすることができます。

 

 就職活動を始めるときから、就職してその職場に慣れるまでにわたり、専任の担当者がサポートしてくれるのは、とても心強いことです。ハローワークですから、無料で活用できますので(一部費用がかかることも)、一度足を運んで、相談してみることをおすすめします。

 

 

<関連記事>

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト