既卒の就職活動の期間はどれくらい?

既卒の就職活動の期間はどれくらい?

就職活動は何ヶ月かかるのか

 

新卒であれば、就職活動のスケジュールは大体決まっているので「何ヶ月ほど」といった表現ができるのですが、既卒は中途採用として企業に就職するケースがほとんどなので、こうした期間の算出がなかなか難しい現状があります。

 

物事がとんとん拍子に進めば、2か月ほどで就職できるかもしれません。正確には、2か月ほどで内定が決まる、と言えるでしょうか。準備期間を含めても2か月から3か月くらいで就職先を決められる既卒者も少なくはないはず。

 

その逆、という表現が正しいかはわかりませんが、既卒は新卒と比較するとニーズが落ちるため、新卒時と同じような活動を続けるようであれば、また1年間就職先が決まらないなんてことも考えられるでしょう。

 

 

事前に活動期間を知るのは難しい?

 

最初にも言ったように、事前に就職活動にかかる期間を割り出すのはなかなか難しいと思われます。特に既卒者は新卒者とも転職者とも異なり、悪い言い方をすれば非常に中途半端な状況です。

 

新卒よりも年齢が上であるにもかかわらず転職者のように社会人経験もないわけですから、それがネックとなり転職活動期間が延びてしまう可能性は否定できないでしょう。

 

もしかしたら、あまり過剰にこの活動期間というものを考え過ぎない方がいいのかもしれません。その意識が就職活動の邪魔をしてしまう可能性大。活動期間よりも就職先のクオリティ、ここに重点を置いて就職活動を展開してみてはどうでしょうか。

 

就職活動は「急がば回れ」?

 

就職活動にかかる期間を気にしない、そう意識を持っていくことで何ができるかといえば、準備に時間をかけることが可能となるはずです。

 

自分にとってクオリティの高い就職先へと入社するために必要なのは、紛れもなく就職活動の準備の充実。自己分析や企業研究に時間をかけなければ、自分に合った企業を見つけられるはずがありません。

 

市場価値の調査に時間をかけなければ、自分のレベルに合わない企業にばかり応募してしまい活動期間が延びてしまうリスクが出てきます。就職後の目標設定に時間をかけなければ、入社後、すぐに辞めたいと思ってしまうでしょう。

 

既卒者という立場を考えれば焦る気持ちも理解はできますが、既卒だからこそ急がば回れの精神で、準備に時間をかけた就職活動を行うべきなのかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト