企業研究の重要性

企業研究の重要性

どんな情報収集をするのか

 

 企業研究をするにあたって、情報の入手方法は、二つに大別できます。

 

 それは、会社案内や就活情報誌、ホームページなどに明文化された情報と、投資家向けの情報やテレビなどで報道されるニュースといった、生きた情報です。

 

 この両方を意識して情報収集すると、企業のニーズや現状の課題を把握しやすくなるはずです。

 

 

既卒が企業研究するうえで気を付けるべきこと

 

 新卒で就職活動をしていたころは、大学の就職課などのサポートが受けられたり、学内に置かれた先輩たちの就活レポートを読むことができるなど、自分の就活を客観的に振り返りやすい環境が整っていたはずです。

 

 ですが、既卒は一人で就職活動を行うことになるため、企業研究で得る情報に偏りが出たり、先入観を持って企業を判断するひとが、少なくないようです。

 

 視野が狭くなると、選択肢を狭めることになりかねませんので、転職エージェントのキャリアコンサルタントなど、プロのサポートを受けながら、一つでも多くの企業情報を得て、多角的に分析することが大切です。

 

 一人でできることには限りがありますから、プロのサポートは積極的に活用し、自分にはない視点で、アドバイスしてもらいましょう。

 

 

<関連記事>

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト