営業職はいつも求人で募集をしていますが、やはり一番キツイからでしょうか?

営業職はいつも求人で募集をしていますが、やはり一番キツイからでしょうか?

営業職はいつも求人で募集をしていますが、やはり一番キツイからでしょうか?

 

"確かに求人を見ると営業職の募集が目立ちますよね。一般的に営業職ときくとどうしても数字のノルマで大変なのだろうという印象がとても多いと思います。ですが中々体験してみないと営業がどうしてキツイと思われるのかが分からないですよね。ですが現実問題として営業はとても厳しいです。いえ、仕事ですので厳しいのはどこでも同じですが、とにかく数字を出し続けていないと生き残っていけないのでその実情にどう対応するかがキーポイントとなります。

 

リアルな問題で募集が最も多いという事はやはり入社している人数よりも退職している人数の方が多いという厳しい現実が存在します。営業は上記の通りとても厳しいです。ですので合わない人にはトコトン合いません。自分なりにしっかりと目的を持てる人が営業を続けていける人という事です。

 

これでは曖昧ですが、分かりやすくいいますと営業はとにかく数字を上げる事が目的です。その数字を上げるには商品やサービスを相手に販売しないといけません。当然どの様な業界でも競合他社がいますので、持っていったら待ってましたと迎えてくれるなんて事は稀でして、殆どは門前払いとなります。そんな中で少し話を聞いてくれた人をどうやって取りこぼさないか、門前払いの所でどうやって粘るか等の技術が必要となってきますが、これだけ聞くと相手が嫌がっているのに無理やりお勧めしないといけないという事が分かると思います。そこの考え方がポイントなのです。

 

売れる営業マンはそこで、この商品は本当に良い商品だから逆に気づかせて上げないと可哀想という発想だったり、嫌がるのは当たり前で営業はそんな事を気にしないでとにかくゴリ押ししてれば良いという発想だったりと、とにかく感覚を麻痺といっては何ですが、割り切らないといけません。これは日常生活で考えますと、人目を気にしないで自分の好きな様に行動できるといった能力が最も近いといえます。

 

ですので自分なりに下手に相手の事ばかり考えないで、これはこうなんだから仕方がないというスマートな考えができると営業に対するストレスが少なくなり、結果として数字が上がりやすくなるのです。ですので逆に相手に売り込んだら申し訳ない、無理やり売りつけるのが嫌だ等といったネガティブな感情を持ってしまうと、契約が取れるお客様も取れなくなり結果数字が上がらなくなり職場で居づらくなってしまい退職という流れになってしまいます。

 

ですので仕事への割り切りという名の自分なりの考えをしっかりと持っておかないと厳しい中で殆どの人がそういった考えを持つ前にキツイからもう無理だと退職されているのです。営業はどの会社にいっても数字のプレッシャーは確実にあります。むしろそれが無かったら営業とはいえません。これらの現実がそのまま求人サイトでの募集割合として表れてしまっているのです。他の仕事では少なくても仕事をしていて誰かを常に困らせたり、怒らせたりする仕事というのはあまり無いはずです。ミスで怒られてしまうのはあるかもしれませんが、仕事内容で相手を不快にさせたり敬遠させたりする仕事というのは少ないはずです。

 

そういう実情が何で自分はこんな人から恨まれる仕事をしているのだろうかといった感情まで引き寄せてしまうのです。だからこそ営業は数字が上がれば給料が高いのです。ですが殆どの人がその給料をもらう前にリタイアしてしまいます。頑張ったらその給料を貰えると知っていても辞めてしまうのです。厳しいですがこれが営業の厳しさの現実です。ですのでもし悩んでいるのであれば自分に営業をやっていく素質があるのかをしっかりと性格と相談して決める事をお勧めします。

 

 

 

その他の質問:
求人票には基本給しか記載がないのですが、手取り金額は事前に分からないものでしょうか?
既卒でも大手企業へ就職することはできますか?
既卒の就職活動は何から始めたらいいですか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト