第二新卒というのは本当に新卒と同様の扱いになるのでしょうか

第二新卒というのは本当に新卒と同様の扱いになるのでしょうか

第二新卒というのは本当に新卒と同様の扱いになるのでしょうか

 

第二新卒というのは今から10年前位から言われ始めた単語です。

それまでは新卒の一発勝負を逃してしまったら全て中途という扱いが一般的でした。ですが、それでは希望している職種に就く事ができなくて就職が決まらなかった人や、やりたい事が分からないのでフリーターになる方等がちゃんと若い時に社会人生活をやり直せる様にできた制度です。言葉の意味では卒業後3年経つまでは新卒と同様の条件での採用となる訳ですが、実際に全く同様の条件での採用は厳しいと考えた方が正しいのが現実です。

 

第二新卒に企業側が期待するのは社会人の現実を知っているという所です。フリーターの方は正直この評価を受ける事はできないのですが、早期離職とはいえ正社員としての経験がありますと、企業というのがどういう世界なのかを新卒よりは知っているという所で新しく基礎研修をしないで済むというメリットがあります。ですので逆にいいますと新卒と同様の研修では無く多少研修を短くしていけるという狙いがあるのです。
ですので必然的に第二新卒とはいえ短くても1年程度の職務経験が無いと厳しいです。

 

言葉こそは第二新卒という言葉になっておりますが、実際にもし職務経験が全く無いままで新卒と同様に面接に行ったとしましても、面接官が納得できる理由が無いと採用はかなり難しくなります。日本は枠を外れる事を嫌います。ですので悲しい事ですが昨年の就職活動で失敗して内定が貰えずに就職ができなかったっという人を企業側はかなりネガティブに考えます。その為全くの新卒に比べてどうしても不利になりやすいのです。

 

本当に未経験が欲しい場合は新卒を採用すればいいので、第二新卒という言葉はそこまで企業側からしたら需要が無いのです。ですのでもし第二新卒で勝負をしたいのであれば短い職務経験をどの様に活かせるのかを明確にする必要があります。

 

上記の通り、未経験なら新卒を採用すれば良いというのが企業側の考えです。第二新卒のメリットはやはり基礎で、社会人としての基本ができておりそこを教育しないで済むのであれば研修費用にかかるお金も減らせてとても企業側にメリットが出てきます。ですので第二新卒という言葉に惑わされないでどちらかといいますと中途だと考えておく事が大事です。

 

 

その他の質問:
求人票には基本給しか記載がないのですが、手取り金額は事前に分からないものでしょうか?
既卒でも大手企業へ就職することはできますか?
既卒の就職活動は何から始めたらいいですか?
車通勤をしたいのですが、どういった職種がありますか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト