求人票でしっかりチェックしておきたい項目はどこですか?

求人票でしっかりチェックしておきたい項目はどこですか?

求人票でしっかりチェックしておきたい項目はどこですか?

 

求人票でチェックしておきたいのは、まず、自分の希望に合っているかどうかです。求人を探す前に自己分析を行っていると思います。どのような職種に就きたいのか、あるいは、どのような企業に就職したいのか。人によっては年収や福利厚生、勤務地などを気にするかもしれません。

 

それは全て自分だけの希望なわけですから、それに見合った求人なのかをチェックしなければ応募に踏み切ることはできないでしょう。あなた自身が最も重視する項目、これは必ずチェックし、それが真実であるかなども企業研究などを通じて確かなものにしておきましょう。

 

既卒の就職希望者の場合には、そもそも、その求人に応募できるかどうか、ここをチェックしておくことも忘れてはいけません。いわゆる“応募資格”です。実務経験がなければ応募が不可能な求人もあります。資格を持っていなければ応募できない求人もあります。中には一定以上の学歴を持っていないと応募できないとしている求人も見つかるでしょう。

 

いくら自分の希望している職種・年収・勤務地などであったとしても、応募資格をクリアしていなければ応募しても無意味なのです。自分が応募に値する人間なのか、この項目も求人票には必ず記載されていますから、欠かさずチェックしておきましょう。

 

職種のみならず、仕事内容も求人票からある程度読み取っておくことが求められます。同じ職種でも、業界や企業によって仕事内容が変わってくることがしばしばあるからです。

 

あんな仕事は嫌だ、これしかしたくない、そんなわがままを言っていては就職を果たすこと自体が難しくなってしまいますが、入社してから「こんなはずではなかったのに…」と強い後悔をしてしまっては、それはそれで就職した意味が出てきません。就職後の後悔を防ぐためにも、細かな仕事内容についてはしっかりとチェックしておいてください。

 

福利厚生と繋がってくるかもしれませんが、教育や研修についての制度に関する記述にも目を向けておきましょう。加えて、試用期間の有無や、その間の待遇などもチェックしておくと、入社してからのことがある程度想像でき、その想像と現実とのギャップをできるだけ小さくすることができると思います。

 

その他の質問:
求人票には基本給しか記載がないのですが、手取り金額は事前に分からないものでしょうか?
既卒の就職活動は何から始めたらいいですか?
就職活動の面接が苦手、どうすればいい?
第二新卒というのは本当に新卒と同様の扱いになるのでしょうか


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト