求人票には基本給しか記載がないのですが、手取り金額は事前に分からないものでしょうか?

求人票には基本給しか記載がないのですが、手取り金額は事前に分からないものでしょうか?

求人票には基本給しか記載がないのですが、手取り金額は事前に分からないものでしょうか?

 

求人票に記載される給与額は基本給か、もしくはそれに手当や成果給といったものを加えて記載していることがほとんどです。中には例外的に手取り額も一緒に載せているところがあるかもしれませんが、そうした求人票は滅多に目にすることができません。

 

手取り金額が気になる気持ちは理解できるものの、それを応募前に、しかも正確に把握することは難しいでしょう。

 

基本給しか記載されていないのであれば、なかなか計算が難しいのですが、そこからさまざまなモノを引いていくことでおおよその手取り金額の目安を知ることはできるかもしれません。

 

正社員として働くことになると給与から厚生年金や健康保険、雇用保険などの保険料を引かれることになります。それに加えて所得税や住民税なども引かれますが、どの程度の割合で引かれるのかは給与額によって変わってくるので少し計算が面倒なところ。

 

ただ、一般的には、給与額からだいたい20%ほどを差し引くと手取り金額となるとされています。とりあえずはこの割合で計算し、目安として捉えておくといいのではないでしょうか。

 

注意したいのは、求人票に記載されているのが「基本給」であるという点。最初に記載したように、基本給のみしか記載されていない場合には、実際に働くとそれに手当や成果給、能力給などが加えられ、月の給与額はさらに大きくなると考えられます。

 

実際には基本給から20%ほどを差し引くのではなく、手当などを含んだ額から20%ほどを差し引くことになるので、求人票に記載されている基本給よりも手取り金額の方が大きくなる可能性もあるのです。

 

どうしても手取り金額が気になる人は、面接で質問してみるしかないのかもしれません。それが一番確実なのではないでしょうか。

 

 

その他の質問:
電話で問い合わせをしたら雑な扱いを受けました、応募するのは止めようか悩んでいます。
既卒の就職活動は何から始めたらいいですか?
既卒者が新卒者よりも就職に不利な理由は何ですか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト