就職に有利な資格は何ですか?

就職に有利な資格は何ですか?

就職に有利な資格は何ですか?

 

 

まず大前提として、就職を目指している業種や職種に関連した資格、これは持っておくに越したことはありません。就職後に取得を義務付けられる資格もありますが、そうしたものやそれに繋がる資格も持っておくと、かなり就職には有利に働くでしょう。

 

それ以外の資格に関してですが、普通自動車運転免許は持っておきたいところ。自動車関係の業種・職種に限らず自動車を業務で利用する企業や職種は多いですし、そうではなくても社会人になるのであれば持っておいた方が良いものとなります。

 

普通自動車運転免許に関しては、就職に有利になるというよりも、“不利になる可能性が高い”と言えるかもしれません。就職を目指す年齢になると、持っている人が非常に多くなるからです。合宿等を利用すれば短期間で取得できますから、就職活動に乗り出す前に取っておいてもいいのではないでしょうか。

 

TOEIC、これも業務に直接関係がなかったとしても、持っていると就職に有利になる資格であると言われています。これは、英語はわからないよりもわかった方がいいという考え方が一般的であることと、TOEICの点数が高いということは、それだけ知能も高いと判断されることが多いことから、就職に有利に働くと考えられます。就職段階であれば、500点から550点以上あれば、まずまず評価してもらえるのではないでしょうか。

 

その他パソコン関連の資格、例えば“マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト”や簿記検定なども、業務に直接的に必要がなかったとしても、それを取得していることは一定の評価を受けるようです。また、取得が困難な国家資格を持っていれば、それだけでもかなりのアピール材料とすることができるでしょう。

 

無理に取得しようとすればお金も時間もかかりますから、就職活動に逆に悪影響を及ぼしかねませんが、もし取得する余裕があるのであれば、目指してみてもいいのではないでしょうか。

 

その他の質問:
電話で問い合わせをしたら雑な扱いを受けました、応募するのは止めようか悩んでいます。
既卒でも大手企業へ就職することはできますか?
就職活動の面接が苦手、どうすればいい?


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト