既卒の就活、急がば回れ

既卒の就活、急がば回れ

 

若者と企業とのミスマッチなどによる就職難が起きているといわれてきましたが、それだけでは若者の就職難を解消することはできないという記事が日経新聞に掲載されました。

 

 既卒になってしまい、就職浪人をせざるを得ない若者も多くこの問題の解消は焦眉の課題となっています。では、いま就活市場では何が原因で問題が起きているのでしょうか?

 

企業の雇用力に陰りがある

 企業にそれほど雇用力、つまり財政的な余力がなくなっている現状を踏まえなければなりません。正社員の解雇ができないからこそコストカットがなかなか難しく、だからこそ新規採用を渋っているのが現状です。ですので、ミスマッチではなく求人それ自体が少なく、そこにブラック企業などの付け入る隙があります。

 

少子化で人手が減っているはずなのに、なぜ就職できない?

 少子化による人口減少よりも求人が減っている事実もあります。ですので、少子化であっても職にあぶれてしまう若者が増える結果に繋がるのです。

 

 海外ではもっと失業率は高いのですが、日本特有の新卒至上主義も失業率に関わっていますので、一概には比較できません

 

 以上のような傾向を踏まえ、現時点で既卒や就職難に喘いでいる若者達はどのような就活をすれば良いのかをまとめます。

 

急がば回れの精神を持とう

 個人でできる力には限界があります。正社員ではない、ということが精神的な負担となって焦って就職を決めたくなる気持ちもあるでしょう。しかし、上述したようにブラック企業が日本には存在している事実もあります。体を壊してまで働く必要はありません。

 

 アベノミクスによる経済政策を以ってしても企業の雇用力が回復するまでには時間がかかるでしょう。時期が来るまで待つという気持ちも、就活を成功させる秘訣になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト