既卒の就職と試用期間の基礎知識

既卒の就職と試用期間の基礎知識

試用期間とは何か

 

 既卒で就職するあなたは、内定時の労働契約内容の確認の際、試用期間があることを説明されることがあるはずです。試用期間とは、企業が社員を採用するにあたり、長期雇用が前提ではあるものの、採用者の勤務態度や能力を見極めたうえで、本採用するかどうかを決めるために設けている期間のことをいいます。

 

 とはいえ、労働基準法上で試用期間の設置が義務付けられているわけではないので、雇用契約は通常と同じなことが前提です。実際には、試用期間中の賃金が低めに設定されることも多いのが現状です。

 

 試用期間の長さについては、1カ月から半年が目安ですが、就業記時や労働契約書で確認することができます。自分できちんと会社側に確認しておくことが、後々のトラブルを避けることにもつながるので、注視しましょう。

 

試用期間で解雇されることがあるのか

 

 正社員雇用が前提で、試用期間を設けられている場合は、正当な理由がない限り、解雇されることはありません。試用期間でも解雇できる理由の例をあげてみると、経歴詐称や出勤率の低さ、勤務態度に問題があったなど、あなた自身に落ち度があることだけです。

 

 そして、試用期間中に解雇を言い渡される場合、解雇の30日前に予告をするか、予告する代わりに30日以上の平均賃金を解雇予告手当として支払うことが、労働基準法で定められています。

 

 ただし、試用期間の開始から14日以内のときには、こうした手順が必要ありませんので、真面目に出勤していれば、問題はないでしょう。

 

 同様に、試用期間中にミスマッチを感じて、自分が退職したいと考えたときには、退職予定日の2週間前には申し出をしなければならないことも、覚えておきましょう。

 

 

<関連記事>


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト