穴場ポイントを見つけて就職成功へ

穴場ポイントを見つけて就職成功へ

2012年度もまもなく終わりを迎えようとしています。2011年に新卒で就職できなかったいわゆる既卒組みは、無事就職先が見つかったでしょうか?

 

既卒者問題の一環として、既卒3年以内は新卒扱いといった取り組みがなされていますが以前として厳しい状況が続いています。

 

日本では新卒で就職できないとその後も就職できないといったことが多いことから、新卒が1つのキーポイントとなっていまいます。しかしこんな視点も存在するのです。

 

「アーティスト・スプツニ子!氏が伝授する、日本社会で自由に生きるための秘策(仕事とは? Vol.91 アーティスト スプツニ子!)」

 

この記事ではスプツニ子さんが実際に行った大学入試合格法や就職に関する価値感について書かれています。日本と海外を比べて相違点もあり「視点の持ち方」といったものについて書かれています。

 

日本の就職活動はどうしても型にはまっていて、それ以外の視点にはなかなか目がいかないものです。

 

既卒の方の中には、ある固定した分野の就職しか頭にないといった人も少なくなく、穴場ポイントに目がいっていないケースも多くみられます。

 

大企業・人気業種は当然ながら人が殺到します。例えば同じようなジャンルで公に募集していない企業に問い合わせみるといった方法も1つの手です。

 

既卒だからこそできる何かは必ずあるはずです。駄目だと思い続けていては、何も始まりません。

 

記事のスプツニ子さんも最初の3年は鳴かず飛ばずの状況でした。大事なのは「継続」です。既卒のみなさんも、コツコツ頑張ってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト