希望の職種に就職できない場合の対処法を考えておこう

希望の職種に就職できない場合の対処法を考えておこう

希望の職種に就職できない場合の対処法を考えておこう

 2012年11月27日付けで文部科学省と厚生労働省が発表した「就職内定率」(10月1日時点)は、なんと63.1%という結果となりました。これは前年度に比べてより3.2ポイント上昇し、2年連続で改善したこととなります。

 

 改善の兆しはいい情報ですが、その裏で4割近い学生が内定をもらっていなく、就職活動はやはり困難といわざるを得ないでしょう。この記事のタイトルは「就職難が続くなかで自分に合った仕事に就くには? ある新卒無業者のケースを基に考える」というものとなっています。自分にあった仕事に就く。ではつかなかった場合、どうするか?といった対処法まで考えておくのがベターでしょう。

 

 希望の仕事にすんなりと、または何社かダメだったけど最終的には内定をもらうことができたということであれば、さほど問題はありません。最終的に希望する会社に入れたわけですから。

 

 既卒者の就職が厳しいのは、みなさんもご存知のことと思います。卒業後3年は新卒扱い言えども、学生時代に内定をもらえなかったのは、なんらかしらの理由があると考えられることが多いことから、既卒の就職は採用側も二の足を踏んでいるのが事実です。実際に、就職活動に失敗した劣等感から殻に閉じこもったり、自殺を考える人までいるという事実を忘れてはいけません。

 

 そうなる前に、希望の就職につかなかった場合どうするか?という対処法を考え行動するということは非常に大事なことと言っても過言ではないでしょう。
既卒で就職を探すことになる前に、なんらかの「対処法」を真剣に考えてみてください。

 

参考元
http://news.livedoor.com/article/detail/7232108/


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就活5つの流れ 求人サイト